読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思ったことを徒然なるままにっき

こんにちは。日々感じたことを書いていこうとブログを開設!共感していただけたら涙流して喜びます

sexyzoneのデビュー曲

こんばんは

さて今回はsexyzoneの魅力について語ります


んー、どこから話すかな(『君が眠っていた間のストーリー』映画「君の名は。」より←こないだ映画みた)

伝えたいこと多すぎてまとまる気がしないので、曲にそっていきますね


No. 1『sexy zone

言わずと知れたデビュー曲です

初めて見たときなにこのバラを持った子達…若い!新しいジャニーズ!と衝撃を受けました

(健人くんと同い年です)

あまりに年下3人が小さかったもんで、こんな時からセクシーとか言わされてどういう気持ちなんやろ…と思ったことを覚えています


まず歌詞のインパクトが強すぎますよね

・sexyzoneて何?セクシーなゾーンてこと???え

・Mildが地球の裏側じゃWildになる???

→ハッ!Mが回転してWになるってことか!なるほど

・勝利くんのセリフ「sexy rose(ウィスパーボイス)」ふぅ、さいこー


こないだのMステでタモリさんも言っていましたが

徐々にsexyzoneの名にふさわしいグループになってきたなと

テレビ番組や雑誌をチラッと見る程度の私ですが、久しぶりに見たセクゾがほんとうにsexyで(ノット「セクシー」、イエス「sexy」)

キラキラしていて眩しかったのです

同じデビュー曲を同じメンバーが歌っているのに、どんどん艶っぽく色を変えていくってとても素晴らしいことだと思うんですよね!

ぴったりの表現が見つかりませんが

メンバーの成長とともに、デビュー曲も成長していくんだなと感じました

使い込むにつれて艶が出てくる革製品みたいな?(わかりにくい?)



・・・・・一曲でこんなに語る?デビュー曲だからだよね(汗)

配分ミスった感漂いますが、また次回!


《続》